近年、以前の15年ほど前の日本では当たり前の様に行われていた「入学祝いに腕時計を贈る風習」を目にする機会がめっきり少なくなってしまいました。

「入学祝いに腕時計を贈る風習」が廃れた理由は最近はスマートフォンなどの携帯端末や携帯ゲーム機が普及して若者が腕時計自体をしなくなってきている事が強く影響しているとの調査結果が出ています。

私自身も、今年急逝して亡くなった父親から中学校に私が入学する時に父が着けていたオメガの時計をプレゼントされた時の事を今でも鮮明に記憶しています。

入学式の何日か前の日の夜に父が私を父の書斎に呼び出し、何を父から言われるのかと緊張している私にそっとオメガの腕時計を握らせて「これからは時間を大切にしなさい。」と言ってくれたあの瞬間の映像が今でも脳裏に焼きついているのです。

最近の若者が腕時計をしなくなった背景には冒頭で述べた通りスマートフォンや携帯ゲーム機の普及が関係している他に、日本が不景気になり以前の様に高級腕時計を入学祝いに贈る事が出来なくなった事も影響しているとのこと。
これは経済の状況の問題でもあるのでどうしょうもない事なのかも知れませんが、やはり腕時計を入学祝いに贈る風習が廃れてしまった事は寂しいですね。

マークジェイコブス腕時計通販専門店|マークジェイコブスエリア

携帯電話が普及して、時間を確認するだけなら腕時計が必要ない時代になってきたように思います。
ですが、ビジネスの場ですと携帯電話を開くのが失礼にあたるケースもありますよね。
また、腕時計はビジネスマンの嗜みと言われるように、ステータスとしての側面も持っています。
そう考えると、まだまだ腕時計が活躍するシーンは多いです。
それに、プレゼントとしても定番ですよね。
私も付き合っている彼女に腕時計をプレゼントしたことがあります。
女性物の腕時計は、男性物よりも小ぶりなものが多くて可愛らしいですよね。
凝ったデザインのものも多くてついつい色々見て回りました。
男性物はどちらかというと無骨なものというか機能重視のものが多いように思います。
機械好きな男性も多いので、時計内のシステムが見えるようなオシャレなデザインのものもありますね。
最近は、男性向けのゴツゴツしたデザインの腕時計を女性が付けるのが流行っているようで、細い腕に大きい腕時計をつけている人も見かけますね。
その組み合わせは考えたことがなかったので意外だったのですが、見てみると案外可愛かったりしますよ。
彼女へは一般的な小さめの腕時計をプレゼントしましたけどね。
たまに時計屋さんへ行くと、新たな発見があって面白いですね。

次はテンデンス時計をプレゼントしようかと思っています!
腕時計は日本製と外国のブランド品がありますが外国のブランド品はスイス製がシェアを占めています。

ところで私も以前にスイス製のブランド時計を腕に填めていましたが、その当時はブランド時計が高価であることから腕にしていますと他人は直ぐに目に付いていました。見せるという事はしなかったのですが直ぐに気が付かれるという時計でした。

国産の腕時計は量産していますので値段自体は安いですが時間の精巧は国民であれば知っている人が多いはずです。良く売れる人気の違いは広告の仕方が異なると考えますが資本力があるという事です。

テレビでは広告を見る事はありませんが富裕層に知られているという強みがあることです。その口コミが世界中に広まり世界でブランド時計に変わったと思います。

国の存在する地域でも歴然とした違いがあることです。我が国はアジア地域に属していますので国産の時計はアジア地域の人に人気がありました。我が国が海外のブランド時計を目にするのと同じで、アジア地域の人も時計を見ています。

そのような事から時計の関心は、その国の人々の所得に関係していると考えました。アジアであれば我が国に関心があるように、我が国の国民は海外の高級時計に関心があることです。